WTFテコンドーとは? ソウルオリンピックから公開競技となりシドニーオリンピックから正式競技となった韓国国技の武道であり格闘スポーツです。足技は非常に多彩であり、中でもネリョチャギ(かかと落とし)はフルコンタクト空手界にも採り入れられています。野球が英語、柔道や空手が日本語のように韓国生まれのテコンドーは練習時の掛け声や技の名前も韓国語です。
日本ではシドニーオリンピックで岡本依子選手が銅メダルを獲得してから、飛躍的に注目されるようになり競技人口も増加中です。また組手(キョルギ)だけではなく、型(プンセ)もあり大会も開催されています。
組手(キョルギ)試合は2分3Rで戦い、モントン(中段)の蹴りで1点、オルグル(上段)の蹴りで2点、ダウンを獲れば+1点が得点となり3Rの合計で点数の多い選手が勝ちとなります。また反則(警告-0.5点 減点-1点)も勝敗を左右します。主な反則は下半身への攻撃・顔面への拳による攻撃・押し・掴み・投げetcです。
試合では頭にヘッドギア、胴体にボディプロテクター、手足にはサポーター、急所にはファールカップを装着し安全性を重視しております。
また男女体重による各階級に分かれております。
テコンドーには二つ協会がありますが、当道場はオリンピック正式種目である、WTFテコンドー道場です。
・・・WTFテコンドーを動画で紹介しています

北京五輪での岡本依子選手 wtf テコンドー
inserted by FC2 system